(満員御礼)神戸ソーシャルセッション by ボブ・スティルガー博士

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。明るい未来を一緒に体験しましょう!

未来思考で対話し、変化を起こして行くための“場”「フューチャーセッション」。世界各地で社会変革に向けたダイアログ「対話の場」づくりの第一人者ボブ・スティルガー博士をメインゲストに迎え、地域・企業・行政・学校等にイノベーション(変革)をデザインする、未来をつくる「神戸ソーシャルセッション」を開催致します。

より良い地域づくり、地域と企業と大学等との連携、大学関係者、学生、行政職員NPO法人、市民活動・社会イノベーションに関心のある方ならどなたでも参加できます。またとない貴重な機会ですので、ぜひどうぞご参加ください!

フューチャーセッションは、最適解のない複雑な問題を解決するために、企業・行政・NPO法人などのセクターの壁、組織内の部署の壁、専門分野の壁など、立場の違いを超えた「対話」により協調アクションを生み出す「場」です。

プログラム

参加者のニーズや全体の動きの中で柔軟に組み合わせます。

関係構築/相互理解

  1. チェックイン: 参加者全体で輪になり、互いの気持ちを全体共有
  2. ストーリーテリング: 参加者の活動のこれまでの物語を聴き合う

集合知・アイデア生成

  1. アプリシエイティヴ・インクワイアリー: 組織や地域の真価を肯定的に発見
  2. フィッシュボウル: 実践者同士の対話を全体で傾聴し理解を深める
  3. ワールドカフェ: 参加者全員で地域や組織の未来アイデアを共有

アクションづくり

  1. オープンスペーステクノロジー(OST): 未来に向けたアクションを深める
  2. プロアクションカフェ: 個人のアクションプランをみんなで支援する

まとめ

  1. チェックアウト: 参加者の思いと変化を全体共有

ファシリテーター プロフィール

ボブ・スティルガーさん Bob Stilger, Ph.D

  • 社会変革ファシリテーター/コンサルタント。
  • New Stories 創設者・共同代表。米国ワシントン州在住。
  • “Human Systemsでの学びと変化”でCIIS大学院博士号。
  • 1970年に日本留学、世界各地で活躍、2010年〜毎年数回来日。東日本大震災復興支援、Art of HostingやActive Hopeの紹介、フューチャーセッションの開発・実施等に精力的に携わる。

講師著書

  • 『未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう〜震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦』(野村恭彦監訳、豊島瑞穂訳、2015 英治出版)
  • 『AfterNow: When We Cannot See the Future,Where Do We Begin?』 (2017 Mill City Books)