(神戸ソーシャルセミナー)12月のテーマは「つくる責任 つかう責任」

with フェアトレード

12月一人目のゲストは、スタディーツアーや実際にフェアトレード商品開発販売を現地NGOと行う、PEPUP(平和と自立のためのパートナーシップ)の現役神大生、高松さんからその活動や関西のフェアトレード支援学生団体の現状などについてお話しいただきます。

with 食品ロス

12月二人目のゲストは、「循環経済学」がご専門の神戸大学経済学部の石川雅紀先生。「減装(へらそう)」活動を企業とともに取り組む「NPO法人ごみじゃぱん」の代表もされておられる石川先生から、ご専門の環境経済、神戸市も取り組みを進める「食品ロス」、NPOの活動などについてお話しいただきます。
※企業の方、学生さんも大歓迎です!

with 環境経営

2018年最後のゲストは、「環境経営」がご専門の神戸大学経営学部 國部克彦先生。コーディネーター坪田が学生時代大感銘を受けた「環境会計」はサービス提供後の環境負荷まで見据えた原価計算を考えていくなど企業の環境経営を推進する会計理論。メーカー、流通問わず様々な企業でもすでに取り入れられています。この分野で20年以上研究をされておられる國部先生から環境経営、会計についての概要や企業の取り組みの現状などについてお話しいただきます。
※企業の方、学生さん大歓迎です

フューチャーセッション

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。今月は国連が採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマの中から12月は特に「つくる責任 つかう責任」について、参加者同士で考えていきます☆未来を一緒に創りましょう!

お申込み

件名に「日付 テーマ セミナー参加」、本文に「参加者名(複数名で参加の方は、各参加者名)」「所属」「当日連絡先(電話番号)」を記入の上、plat@123kobe.comまでメールしてください。

神戸ソーシャルセミナーとは

月に1つテーマを定め、NPOや企業等のゲストとセミナー参加者が、毎週水曜日に様々な地域社会の課題解決について考えます。また、月末土曜日には、月のテーマを軸に、地域課題の解決策を具体的に考えるSDGsワークショップ、フューチャーセッションなどを実施します!

ソーシャルセミナー各回と、フューチャセッションが一覧で掲載されているチラシはこちらの画像をクリックするとご覧いただけます。


181025_PF&神戸ソーシャルセミナー【11月】チラシ(PDF)

 

 

連続講座ではありません。興味のある日程のセミナーにご参加ください。
また、社会人、学生にかぎらず、どなたでもご参加いただけます。
ご不明な点は、担当コーディネーターまでE-メールにてお問い合わせください。