【神戸ソーシャルセミナーwith保養キャンプと福島(2018.11.14)】

「持続可能なまちづくり」─保養キャンプと福島─

神戸ソーシャルセミナー11月のテーマは「持続可能なまちづくり」。第一回目はフリースクール「ラミ中学校」元スタッフ小野洋さんに、「原発事故被災地の子どもたちの保養『たこ焼きキャンプ』」から3.11被災者と復興についてお話しをしていただきました。

  • セミナーの様子

 

○「たこ焼きキャンプ」に至るまで。

2011年3月、東日本大震災と福島県で大規模な原発事故が起こりました。小野さんは震災から一か月後、生まれ故郷である福島県会津市へとボランティアに向かったそうです。

2回目に訪れた際にはフリースクールで使っていた大きな「たこ焼き器」を使い、避難所にいる方々にたこ焼きをふるまいました。そこで会津のボランティア団体の方に「保養キャンプ」の話を持ち掛けられたといいます。「保養」とは原発事故被災地から離れ、被ばくの少ない地域で一定期間すごし心身を癒す取り組みのことです。同年7月には兵庫県内にて第一回「たこ焼きキャンプ」を実現させました。当初の話では「関西に子ども300人を迎え入れられる場所はないのか」といった話であったため悩んだそうです。しかし、「一人でも二人でもいいじゃないか、やってみよう!」という言葉に背中を押され、実行を決意しました。

 

○たこ焼きキャンプ。

  • 「たこ焼きキャンプ」パンフレット表紙

 今年で8回目となった「たこ焼きキャンプ」。放射能の影響によって外で遊ぶことのできない子どもたちが2週間のキャンプを通し、兵庫県の自然の中で思う存分あそびます。参加した子ども達の感想には印象に残ったこととして「海で釣りをしたこと」「バーベキュー」「夏祭り」「スタッフさんが遊んでくれた」などの、輝かしい思い出がつづられていました。また保護者から寄せられたメッセージでは、たこ焼きキャンプへの感謝と子どもへの穏やかな愛がこめられていました。放射能への不安が大きい分、親は子どもが明るく元気に過ごすことを何よりも願っている事が伝わってきました。

「明石で遊ぼう!たこ焼きキャンプHP」〈 https://takocamp.exblog.jp/ 〉

 

○人とのつながり。

小野さんの取り組む「たこ焼きキャンプ」では自然の中で過ごし心身の疲労を癒す以上に、「人とのつながり」の尊さを感じました。兵庫県のひとが、福島県からやってくる子どもたちに何かしたいという想いから小さな「夏祭り」に発展したこと。第1回目のキャンプが終わり、帰りの新幹線で子ども達が「もう会えない」と泣いていたこと、そのことから福島市にて「同窓会」が行われたこと。全てが一度につながったのではありません。小さな声がひとつひとつ丁寧に紡がれた結果だと思いました。

その一方、今でも福島県には課題が残ります。放射線量はこれからあまり下がっていかないことや、初期被ばく者の健康への影響はこの先も不安とともにあります。それらを踏まえて「原発事故は、人のつながりも切り裂く」という話がありました。「農民を大地から、漁民を海から、人々を故郷から、子どもたちを自然から切り離す」。今でも多くの避難者が故郷に帰れずにいることや、賠償格差からくる人々の分断。それによって起こる「語り合えない現状」。震災から8年がたとうとしている今でも、変わらない現状と深刻化されていく問題が残ります。

 

○これからも「種をまき続ける」。

「私たちにできることってなんでしょうか…?」この私の問に、小野さんは「忘れないでいてほしい」と答えてくださいました。可能であれば復興の進んでいるところや、除染された土がある場所などを実際に訪れて見ることで「風化させない」「気にかける」ことにつなげてほしいと。自身の生活とともに福島県との「繋がり」を感じることが大切であると気づかされました。

「放射能だけではなく、様々な環境・社会問題が解決困難な中で、「それでも種をまき続ける」営みとして、たこ焼きキャンプや福島と関わる活動を続けていきたいと、思っています。」

 セミナー最後のスライドに書かれていた言葉です。「たこ焼きキャンプ」に来た子ども達が、またその親が「他県にも自分達を気にかけてくれる人達がたくさんいる」という事を知り、日々の光になることを願います。事故の収束の見通しが立たず不安な状況にある中で、参加者の声から「たこ焼きキャンプ」の存在が救いになっていることが伝わってきました。子ども達の笑顔が大人の活力になり、またその大人が行動を起こし、子どもたちも笑顔になる。そんな連鎖を起こし続けてほしいです。(学生ライター関口)

  • 受講者の皆さまと。中央が小野洋さん。