【神戸ソーシャルセミナーwith 公益財団法人PHD協会 坂西拓郎氏と研修生(2019.5.8)】

みなさんこんにちは!

学生ライターの下尾です。長い長ーいGWが終わりましたね。いかがお過ごしでしょうか。

そんな5月最初のソーシャルセミナーはSDG課題8「働きがいも経済成長も」をテーマにPHD協会の坂西さんと、ミャンマーからの研修生モーママさんにお話し頂きました。

〈平和と健康を担う人づくり―PHD協会とは?〉

“ともに生きる社会の実現”を目標に掲げ、アジア、太平洋地域からの研修生の招へい、研修後のフォローアップを通して人々による自立した村づくりと生活向上に協力しています。また、日本の人々も同地域の人々との交流を通して学び、自らの価値観、生活様式の見直しを図ることで、平和(Peace)と健康(Health)を担う人材を育成(Human Development)している、それがPHD協会です。

―1分間、スライドをお見せします。セミナーはそんな坂西さんの言葉からスタートしました。スクリーンには、笑顔や真剣な顔をした子どもたちの顔が1人ひとり映し出されます。1分間で映し出されたのは12人。そして、坂西さんから次の問いが。

「1分間の間で子どもたちの身の上に不幸なことが起こりました。それはなんでしょう?」

宗教的迫害、家族を亡くした、参加者から答えが飛び交います。もちろん、それらも十分に考え得ることなのですが、坂西さんからの答えは、“子どもたちの死”。現在、1分間で約12人の子どもが亡くなっているとのこと。20年前は1分に20人亡くなっていた、つまり3秒に1人の計算です。年々その数は減ってきているとはいえ、未だに死を余儀なくされる子どもたちは存在します。特に5歳未満の子どもは肺炎や下痢、マラリアといった予防可能な病気で命を失ってしまうことが多いそうです。「ちょっとした知識があれば予防できる病気で命を落とす子どもたちを少しでも減らしたい。村の最前線で子どもたちの健康を守る、PHDではそんな人づくりをしている」と坂西さんは語ってくださいました。

〈人とのつながり―人づくり〉

約20年前、もともとフェアトレードで生産者の収入向上プロジェクトに携わっていた坂西さん。ベトナムの農村から手工芸品を公正な価格で買い付け、日本で販売を行っていました。当時はアジア雑貨が流行っており、飛ぶように売れたといいます。しかし、日本での反応や売り上げを報告するために村を訪れた際、坂西さんはある違和感を抱きます。初年度訪れた際は、村人たちは伝統的な村の踊りや料理で歓迎してくれたそうですが、3,4年と時を経るにつれ、道が出来たり、村人たちがバイクを購入していたり、村の様子に大きな変化が表れました。そしてあるとき、坂西さんは村人に「テレビを見よう」と声をかけられました。つまり、結果としてプロジェクトは成功し、彼らの収入は向上しました。もちろん、村の伝統的なものも、完全に廃れたわけではありません。しかし、坂西さんはさみしい気持ちを隠し切れなかったといいます。

坂西さんは村の人たちの選択肢を増やすことに関わりたいと考えていました。収入向上プロジェクトが成功した結果、村の人々にお金はまわりました。ですが、当時所属していた団体におけるフェアトレードは、収入を増やすための手段でしかなかったため、それ以上の関わりが出来ないことに違和感を感じていました。また、現地から製品を買い取り、日本で販売するというプロセスで、消費を促しているだけの自分自身にももやもやを募らせていたといいます。私はこれを聞いて、村は物質的に豊かになりましたが、それ以外の問題、村の人々の他の困りごと、もっと言えば、村の人々と深く関われていないことから、フェアトレードという手段に疑問を感じたのではないかと想像します。「現地を訪れられるのは年に1回、もっと期間が空いてしまう時もあった。(中略)―PHDは1年間にたった3人だけ受け入れを行う。フェアトレードの方が受益者は多いかもしれないけれど…」という発言から、坂西さんは、現地の人たちが作ったものを日本で売る、ということではなく、もっと深く、その地域のこと、その地域の人々との関わりに重きを置いていた、そして、その地の人々が自分自身で村の問題に対処できるようにサポートする、そんなことを目指していたのかなと感じました。

坂西さんはその後、熊本県水俣市で水俣病患者の支援や地域づくりへの関わりを経て、PHDの活動につながっていったといいます。

〈チャーミングなモーママさん〉

黄色と紫の素敵な衣装に身を包んでいるモーママさん。これはモーママさんの出身であるミャンマーの伝統的な衣服だそうで、結婚式やお祭りの際に着るものだと教えてくださいました。モーママさんは2013年に日本にやってきた研修生。日本で保健衛生、主に健康のことを学び、村に帰ってそれらを伝え続けています。現在は大学事務員という本職のかたわらで、地域のために毎日奮闘しています。

  • 必須アイテム 日焼け止めは木…?!

ミャンマーで日焼け止めとして使われているタナカという木を見せてくださいました。年間を通して熱いミャンマーでは必須アイテム!臼のようなもので削って顔などにつけるそうです。木の根っこには薬としても服用されるみたいです。坂西さんの「美味しいですか?」という問いかけに「苦いよ!」とモーママさん。会場が笑いで包まれました。

  • 驚き ミャンマーと日本の仏教の違い

「日本のお坊さんは結婚してて、子どももいる!夕食も食べる!」

日本に来て少ししたころ、モーママさんは名古屋のお寺に研修に行く機会がありました。そこで自国と日本の仏教の違いに驚いたと言います。ミャンマーの仏教は主に「上座部仏教」で、五戒をしっかりと守らなければなりません。お坊さんの妻帯も禁止。髪も、ツルツルに整えており、夕食も食べないそうです。モーママさんは日本に来る前、自ら20歳ごろに出家して尼さんになった経験もあるほどの、熱心な仏教徒なんです。(上記写真参照)

  • モーママさんの村での取り組み

①食事改善

なんと、モーママさんたちは1日に料理で油を約500ml(およそペットボトル1本分!)も使うと言います…!その影響で高血圧や糖尿病などの健康被害が出ているとか。そんな状況を変えるため、モーママさんは日本で保健衛生のことを学び、村で伝え続けています。「油を少なくしましょう」初めはなかなか受け入れられなかったようですが、3年程言い続け、少しずつ分かってくれる人が増えてきているそうです。

②ゴミ集め

「村に溢れるゴミをなんとかしよう!」モーママさんの呼びかけでゴミ拾いが始まりました。最初は手で拾っていたのが、トラックを使うようになったりと、協力者が増えてきたのが分かります。それでもやはり、村の約半分の人はまだまだゴミ拾いに理解を示してくれないと言います。

他にもシュエグニという地域にある、内戦被害を受けた孤児が集う孤児院での公衆衛生の取り組み、24時間体制で食事から勉強まで孤児のお世話をする女性、モーモーさんのお話など、たくさん聞かせてくださいました。(なんと、その孤児院には90名から100名の孤児が生活しているそうです…!)

村のために尽力しているモーママさん。村の仲間に考えを伝えるうえで、大切にしていることはなんなのでしょうか。

「自分がやっているところを見せる。料理も油を使わないでやってますよ~。ゴミ拾いも、まず自分がやる」

正しいことをただ訴え続けるだけではなく、それに自ら対処し続け、他の人に行動で示していく姿勢が素晴らしいですよね。

「いつか私が頑張ってることみんな、分かる」これは、モーママさんの苦労がにじみ出るような言葉でした。それでいて、決して暗い雰囲気でなく、終始明るい笑顔でお話ししてくださるモーママさん。心から、村のために動きたい!という気持ちがひしひしと伝わってきます。村の人々のことを真剣に考え、楽しく伝え続けているから、人がついてくるのだろうなと感じました。

  • 坂西さんとモーママさんのお話を聞いて〇

長い間フェアトレードに関心を持ち続けている私としては、坂西さんの違和感はとても興味深かったです。フェアトレード製品を“日本で販売する”、ということに力を入れていると、生産地の人たちとの直接的なコミュニケーションが制限されてしまうのは想像できます。密にその地域と、地域の人々と関わっていくには、PHDの取り組みはとても素敵だと感じました。

モーママさんのリーダーシップにも感激です。今までと異なることを提案することは、いくら目指すべき姿が明確でも、分かってもらうには苦労するもの。また、正しいと分かっていても、なかなかすぐに変えられないこともしばしば…。料理にたくさん油を使うこともその一例だと思います。長年慣れ親しんでいて、美味しいと感じている料理をどうして辞めなければいけないのか、モーママさんの苦労が目に見えるようです。それでも、自ら実践し続け、村の人々に伝え続けているモーママさんの姿勢は、心から見習いたいと思います。