(神戸ソーシャルセミナー)12月のテーマは「つくる責任 つかう責任」

with フェアトレード

12月一人目のゲストは、スタディーツアーや実際にフェアトレード商品開発販売を現地NGOと行う、PEPUP(平和と自立のためのパートナーシップ)の現役神大生、高松さんからその活動や関西のフェアトレード支援学生団体の現状などについてお話しいただきます。

with 食品ロス

12月二人目のゲストは、「循環経済学」がご専門の神戸大学経済学部の石川雅紀先生。「減装(へらそう)」活動を企業とともに取り組む「NPO法人ごみじゃぱん」の代表もされておられる石川先生から、ご専門の環境経済、神戸市も取り組みを進める「食品ロス」、NPOの活動などについてお話しいただきます。
※企業の方、学生さんも大歓迎です!

with 環境経営

2018年最後のゲストは、「環境経営」がご専門の神戸大学経営学部 國部克彦先生。コーディネーター坪田が学生時代大感銘を受けた「環境会計」はサービス提供後の環境負荷まで見据えた原価計算を考えていくなど企業の環境経営を推進する会計理論。メーカー、流通問わず様々な企業でもすでに取り入れられています。この分野で20年以上研究をされておられる國部先生から環境経営、会計についての概要や企業の取り組みの現状などについてお話しいただきます。
※企業の方、学生さん大歓迎です

フューチャーセッション

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。今月は国連が採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマの中から12月は特に「つくる責任 つかう責任」について、参加者同士で考えていきます☆未来を一緒に創りましょう!

お申込み

件名に「日付 テーマ セミナー参加」、本文に「参加者名(複数名で参加の方は、各参加者名)」「所属」「当日連絡先(電話番号)」を記入の上、plat@123kobe.comまでメールしてください。

神戸ソーシャルセミナーとは

月に1つテーマを定め、NPOや企業等のゲストとセミナー参加者が、毎週水曜日に様々な地域社会の課題解決について考えます。また、月末土曜日には、月のテーマを軸に、地域課題の解決策を具体的に考えるSDGsワークショップ、フューチャーセッションなどを実施します!

ソーシャルセミナー各回と、フューチャセッションが一覧で掲載されているチラシはこちらの画像をクリックするとご覧いただけます。


181025_PF&神戸ソーシャルセミナー【11月】チラシ(PDF)

 

 

連続講座ではありません。興味のある日程のセミナーにご参加ください。
また、社会人、学生にかぎらず、どなたでもご参加いただけます。
ご不明な点は、担当コーディネーターまでE-メールにてお問い合わせください。

(神戸ソーシャルセミナー)11月のテーマは持続可能なまちづくり

with 福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト

11月1人目のゲストは、原発事故による放射能被ばくの影響を少しでも抑えるため、福島の子どもたちを夏休みに兵庫県に呼んで、思いっきり遊んでもらう、そんな「保養キャンプ」の取り組みを2011年から行う市民グループ「福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト」の小野さん。子どもたちのため、地域をまたいだその取り組みをご紹介いただきます。

with 地域に飛び出す公務員

11月二人目のゲストは、神戸市役所の職員として三宮の再開発事業や「1000 smile project」に携わられ、また地元のNPO法人でも活躍されている秋田さん。
これまで関わられてきた行政側としてのまちづくり、さらに市民として、障がいを持っていても一緒に楽しめる仕掛けづくりなどについてお話しいただきます!

with アーバンピクニック

11月三人目のゲストは、2015年から社会実験として三宮・東遊園地にてアウトドアライブラリーなど様座な取り組みをされてきたアーバンピクニックの村上さん。4年間の取り組みやこれからの神戸のまちについてお話しいただきます。

フューチャーセッション

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。今月は国連が採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマの中から11月は特に「持続可能なまちづくり」について、参加者同士で考えていきます☆未来を一緒に創りましょう!

お申込み

件名に「日付 テーマ セミナー参加」、本文に「参加者名(複数名で参加の方は、各参加者名)」「所属」「当日連絡先(電話番号)」を記入の上、plat@123kobe.comまでメールしてください。

神戸ソーシャルセミナーとは

月に1つテーマを定め、NPOや企業等のゲストとセミナー参加者が、毎週水曜日に様々な地域社会の課題解決について考えます。また、月末土曜日には、月のテーマを軸に、地域課題の解決策を具体的に考えるSDGsワークショップ、フューチャーセッションなどを実施します!

連続講座ではありません。興味のある日程のセミナーにご参加ください。

(満員御礼)神戸ソーシャルセッション by ボブ・スティルガー博士

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。明るい未来を一緒に体験しましょう!

未来思考で対話し、変化を起こして行くための“場”「フューチャーセッション」。世界各地で社会変革に向けたダイアログ「対話の場」づくりの第一人者ボブ・スティルガー博士をメインゲストに迎え、地域・企業・行政・学校等にイノベーション(変革)をデザインする、未来をつくる「神戸ソーシャルセッション」を開催致します。

より良い地域づくり、地域と企業と大学等との連携、大学関係者、学生、行政職員NPO法人、市民活動・社会イノベーションに関心のある方ならどなたでも参加できます。またとない貴重な機会ですので、ぜひどうぞご参加ください!

フューチャーセッションは、最適解のない複雑な問題を解決するために、企業・行政・NPO法人などのセクターの壁、組織内の部署の壁、専門分野の壁など、立場の違いを超えた「対話」により協調アクションを生み出す「場」です。

プログラム

参加者のニーズや全体の動きの中で柔軟に組み合わせます。

関係構築/相互理解

  1. チェックイン: 参加者全体で輪になり、互いの気持ちを全体共有
  2. ストーリーテリング: 参加者の活動のこれまでの物語を聴き合う

集合知・アイデア生成

  1. アプリシエイティヴ・インクワイアリー: 組織や地域の真価を肯定的に発見
  2. フィッシュボウル: 実践者同士の対話を全体で傾聴し理解を深める
  3. ワールドカフェ: 参加者全員で地域や組織の未来アイデアを共有

アクションづくり

  1. オープンスペーステクノロジー(OST): 未来に向けたアクションを深める
  2. プロアクションカフェ: 個人のアクションプランをみんなで支援する

まとめ

  1. チェックアウト: 参加者の思いと変化を全体共有

ファシリテーター プロフィール

ボブ・スティルガーさん Bob Stilger, Ph.D

  • 社会変革ファシリテーター/コンサルタント。
  • New Stories 創設者・共同代表。米国ワシントン州在住。
  • “Human Systemsでの学びと変化”でCIIS大学院博士号。
  • 1970年に日本留学、世界各地で活躍、2010年〜毎年数回来日。東日本大震災復興支援、Art of HostingやActive Hopeの紹介、フューチャーセッションの開発・実施等に精力的に携わる。

講師著書

  • 『未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう〜震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦』(野村恭彦監訳、豊島瑞穂訳、2015 英治出版)
  • 『AfterNow: When We Cannot See the Future,Where Do We Begin?』 (2017 Mill City Books)

(神戸ソーシャルセミナー)10月のテーマは不平等をなくす

with NPO法人フリースクールみなも

10月お一人目のゲストは、大阪でフリースクールをされている今川将征さん。不登校の子どもたちが安心して過ごせる居場所とは?その取り組みについてご紹介いただきます。

with NPO法人月と風と

10月お二人目のゲストは、尼崎で重症心身しょうがい者の地域生活(入浴・外出)を支え、アートを通じて地域と本人さんを繋げる「月と風と」の清田さん。昨年から話題の「ミーツザ福祉」などのその取り組みについてもご紹介いただきます。

  • 開催日時:2018年10月17日(水)19時~20時30分
  • ゲスト:NPO法人月と風と 清田 仁之 さん
  • 参加費:無料

with ボールドヘッド

10月三人目のゲストは、ご自身の経験から、マイノリティが引け目に感じない世の中になる事を願い、地道にコツコツ活動中のヒロセさん。脱毛症の方や抗がん剤治療をされている方々を美しく撮った写真展も企画中です!

  • 開催日時:2018年10月24日(水)19時~20時30分
  • ゲスト:unique + original.A F(ゆにこA.F) ヒロセ アキコ さん

シネマフューチャーセッション

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。今月は国連が採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマの中から特に「不平等」について、参加者同士で考えていきます☆

今回は映画「私はワタシ over the rainbow」を見て皆さんと対話する「シネマ・フューチャーセッション」を予定しています!未来を一緒に創りましょう!

お申込み

件名に「日付 テーマ セミナー参加」、本文に「参加者名(複数名で参加の方は、各参加者名)」「所属」「当日連絡先(電話番号)」を記入の上、plat@123kobe.comまでメールしてください。

神戸ソーシャルセミナーとは

月に1つテーマを定め、NPOや企業等のゲストとセミナー参加者が、毎週水曜日に様々な地域社会の課題解決について考えます。また、月末土曜日には、月のテーマを軸に、地域課題の解決策を具体的に考えるSDGsワークショップ、フューチャーセッションなどを実施します!

連続講座ではありません。興味のある日程のセミナーにご参加ください。

(神戸ソーシャルセミナー)9月のテーマは貧困

with ビッグイシュー日本

9月第1週目のゲストは、ホームレスの方の「働く場」づくりに挑戦し続ける「ビッグイシュー日本」。今回は、ビッグイシュースタッフと三宮の「販売者」さんにもご登壇いただきます!

  • 開催日時:2018年9月5日(水)19時~20時30分
  • ゲスト:有限会社ビッグイシュー日本 吉田耕一さん、ビッグイシュー販売者さん
  • 参加費:無料

with NPO法人ケアット

9月第2週目のゲストは神戸市東灘区で子ども食堂を運営されている「NPO法人ケアット」。「子どもの貧困」についてのお話も含めて、その取り組みについてご紹介いただきます。

with NPO法人ホザナハウス & 神戸市社会福祉協議会

9月第3週目のゲストは、被虐待児のためのガールズシェルターを運営するNPO法人ホザナ・ハウス」。「女性の貧困」についてのお話も含めて取り組みについてご紹介いただきます。また同日「神戸市社会福祉協議会」にもご登壇いただき、社協の貧困に関する支援施策についてもご紹介いただきます。

with パナソニック

9月第4週目のゲストは、世界的な社会課題である「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、その組織基盤強化に助成を行う「パナソニック株式会社」。「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」などについてのお話も含めてその取り組みについてご紹介いただきます。

フューチャーセッション

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップを開催。

今月は国連が採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」のテーマの中から特に「貧困」について、参加者同士で考えていきます☆「貧困」を乗り越えた「2030年」はどんな世の中に成るのか⁉明るい未来を一緒に体験しましょう!

お申込み

件名に「日付 テーマ セミナー参加」、本文に「参加者名(複数名で参加の方は、各参加者名)」「所属」「当日連絡先(電話番号)」を記入の上、plat@123kobe.comまでメールしてください。

神戸ソーシャルセミナーとは

月に1つテーマを定め、NPOや企業等のゲストとセミナー参加者が、毎週水曜日に様々な地域社会の課題解決について考えます。また、月末土曜日には、月のテーマを軸に、地域課題の解決策を具体的に考えるSDGsワークショップ、フューチャーセッションなどを実施します!

連続講座ではありません。興味のある日程のセミナーにご参加ください。

(8/25)多様性と閃きで社会的課題に取り組む!フューチャーセッション体験

複雑に絡み合う社会問題や多様なニーズ、困難な状況を乗り越えるため、多様なステークホルダーと「新たな関係性」「新たなアイデア」を生み出す協創ワークショップに参加しませんか?

  • 日時 2018年8月25日土曜日 14時から17時
  • 会場 協働と参画のプラットホーム

ファシリテーター

成松 秀夫 氏(関西フューチャーセンター プロジェクトマネージャ、PMI日本支部 地域サービス委員)

フューチャーセッション

現場の多様なステークホルダーに加え、想像力を働かせて「未来のステークホルダー」も招き入れることで、創造的な関係性を生み出します。お互いが尊敬の念をもって傾聴し合い、未来に向けての「新たな関係性」と「新たなアイデア」を生み出します。その結果として、それぞれのステークホルダーが認識と行動を変化させ、協力してアクションを起こせる状況を生み出します。
参考文献「フューチャーセンターをつくろう」(プレジデント社), 野村恭彦 著

過去の実施イベント

【NPO×IT フューチャーセッション】社会問題を解決するためのNPOとITとあなたとの協創ワークショップ

(8/18)カードゲームで体験!SDGs入門

2015年国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、2017年12月第1回「ジャパンSDGsアワード」が開催、本業の中にSDGsを位置づける企業も出ているなど、ますます注目されています。このSDGsが達成される2030の世界をカードゲーム「2030SDGs(※)」を通じて体験しましょう!

  • 日時 2018年8月18日土曜日 14時から17時
  • 会場 神戸市協働と参画のプラットホーム

ファシリテーター 山本 佳史 氏

(一般社団法人ソーシャルギルド代表/一般社団法人イマココラボ 「2030 SDGs」第1期認定ファシリテーター)

2030SDGs(ニーゼロサンゼロ エスディージーズ)

「SDGs」の目標を達成していく、現在から2030年までの道のりを体験するゲームです。異なる目標や価値観が入り混じる中で[持続可能な開発とは何か]を考えることだけでなく、実社会のシフトについても体験的に学ぶことができます。本カードゲームは、「一般社団法人イマココラボ」と「株式会社プロジェクトデザイン」が共同開発したものです。

SDGs(エスディージーズ (Sustainable Development Goals )とは?

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省HPより)

過去の実施イベント

【カードゲームで体験!SDGs入門】社会課題に取り組む産学官の共通言語となりうる「SDGs」について知ろう!